楽市楽座そして楽医へ

永禄11年(1568年)に織田信長によって楽市楽座が実施されました。

楽市楽座では、商業を発展、活発化させ、城下町を繁栄させることを目的として、従来利権を持っていた商人組織「座」「問丸」や、商業の場所を特定する「市」の規制や、関税からくるハードルを解決し、スタートアップ企業を応援しました。

結果として、経済が活発化して城下町は発展人々が集まる街へと生まれ変わりました。


今日本では、在宅医療で病院・クリニックや薬局等の場所以外でも医療を提供しはじめていて、従来の方法では時間的にロスが生じてしまい、現場で働く医療従事者に多くの負担を与えています。

また高齢者も増え、共働きも増え、生活習慣病を患う方も増え、病院での待ち時間やあらたな感染症をもらってくることを懸念して、体の不自由な人、お子様から離れられないご両親、そして同時に働く社会人も病院に行きづらいと感じてしまう問題が浮上しています。

これらを解決し、健康に生きるためのインフラを整え、日本に住むすべての国民が安心して生きることをサポートできるように、従来難しいといわれている医療のオンライン化を進めます。

そしてこれらを解決するにはオンライン医療が必要で、そしてそれは単なるTV 電話医療を示すものであってはならないのです。

それは単に業務負担を増やすだけで、データの連携が進まないからです。(クラウド化)


本来のオンライン化で受ける恩恵というのは、今皆様がスマホでもパソコンでもTVでもyoutubeやtwitter、を楽しめるのと同じように、好きな時に、好きな場所で、いろいろなデバイス(機械)で管理ができ、治療サービスを提供・享受できるようにすることだと考えています。


㈱ヘルスケアゲートでは、テックビューロホールディングス㈱と共に、同社の提供するブロックチェーンを利用しつつ、真のオンライン医療そして、今後拡大するオンライン医療サービスを見据えたプラットフォームを開発します。

楽医

POC版アプリケーションについて

準備中